SUZUKA 10 HOURS?

SUZUKA 10 HOURS?

Race
レース名
THE 47TH SUMMER ENDURANCE SUZUKA 10 HOURS
Dates
開催日時
2018年 8月 24日 (金) 公開練習走行
2018年 8月 25日 (土) 予選
2018年 8月 26日 (日) 決勝
COMING SOON
Location
開催地
SUZUKA CIRCUIT
Official Site
公式サイト
http://www.suzukacircuit.jp/10h/index.html

2018年夏。
日本を代表する伝統のレース「鈴鹿1000km」が、「鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10 HOURS )」に 生まれ変わります!
世界屈指のテクニカルコースと言われる鈴鹿サーキットに、世界各地で行われるGT3レースのシリーズ王者&有力チームが結集。
過酷な夏の10時間耐久レースという舞台で“GT3の世界一”を決める夢のステージ。
それが“SUZUKA 10 HOURS”です。
“SUZUKA 10 HOURS”は、市販車ベースのGTレーシングカーによる耐久レースという 50年以上の歴史を誇る鈴鹿1000kmの伝統も引き継ぎ、夏の最後を飾る盛大なモータースポーツ・イベントとして
日本のみならず、世界に発信していきます。
その熱き一戦に、ご期待ください!

個人スポンサー 募集!
一覧ページ:https://www.goodsmileracing.com/sponsors/products/list.php?category_id=15
「テンエイチGSR漢ラウンジコース」お申込み詳細はこちら
「テンエイチGSR漢前コース」お申込み詳細はこちら
「テンエイチ浴衣レプリカコース」お申込み詳細はこちら

ご協賛のほど、宜しくお願い申し上げます。

TEAM

STAFF

TEAM MANAGER

監督
Ukyo Katayama
片山 右京監督
SUZUKA10H参戦コメント

今年のSUZUKA 10 HOURSは昨年挑戦して惨敗したSPAとは違います!昨年は全てが初めてでアウェーでしたが、今回はSUZUKAで行われるホームでのレースになります。もちろん普段のYOKOHAMAからタイヤはPIRELLIに変わりますがマシン、メンテ、スタッフはお馴染み。サーキットはドライバー2人が走り込んでいる好きな鈴鹿です。そこに強力な助人、小林可夢偉選手も加わってくれます。
当然チームは優勝を目指します。GT300クラスチャンピオンチームとして皆で頑張りますので応援を宜しくお願い致します。

TEAM OWNER

エントラント代表
Takanori Aki
安藝 貴範エントラント代表
SUZUKA10H参戦コメント

いよいよSUZUKA 10 HOURS、通称テンエイチが始まります。世界の強豪が集まってGT3世界王者を決する耐久レースが、日本でも開催される事をとてもうれしく思っています。
欧米には、ル・マン24時間レースやスパ・フランコルシャン24時間レースなど、街を上げて楽しむ文化とも呼べる耐久レースイベントが数多くあります。テンエイチも今年を皮切りに長く続いて、同様に文化として根付くイベントになる事を期待しています。それには日本のモータースポーツの聖地とも言える鈴鹿はまさにぴったりの場所だと思っています。
海外からチャンピオンクラスの強豪チームが集まる中で、車輌は違えどGT3、タイヤも同条件の下で、ドライバーの強さがクローズアップされると思います。谷口信輝選手、片岡龍也選手、小林可夢偉選手の活躍にご期待ください。海外のお客様もたくさん見に来ると思いますので、楽しかったと言ってもらえるレースにしたいですね。

GOODSMILE RACINGは昨年スパ24時間レースに初参戦しました。全てが初経験の中、予選でクラッシュを喫し決勝参戦が危ぶまれました。しかし緊急支援コースなどで皆さんに後押しを頂き、新しい車で決勝に望む事ができました。その本戦も不運なクラッシュに巻き込まれリタイヤとなってしまいました。
その経験を踏まえたテンエイチ参戦です。鈴鹿は10年前に初音ミクGTプロジェクトが始めてサーキットに立った場所です。言わばホームグラウンドです。落ち着いてレースを進めて昨年の雪辱を果たしたいと思います。海外強豪チームを迎え撃つつもりで頑張ります。
今回の参戦に当っても個人スポンサーコースを用意させて頂きました。皆さんに強さを見て頂く為にも、よりいっそう応援して頂けると嬉しく思います。応援、どうぞよろしくお願い致します。

DRIVERS

Nobuteru Taniguchi
谷口 信輝
SUZUKA10H参戦コメント

我々は昨年スパ24時間へ参戦しましたが、ヨーロッパの猛者達に惨敗しました。今年初開催となるSUZUKA 10Hは、あの時の借りを返すつもりで参戦します。
スパでは初めてのコースとルールだったこともあの結果を招いた要因でした。しかし鈴鹿は長年走り込んだ我々のホーム。当然優勝を狙います。
2017年GT300クラスチャンピオンチームとして、SUPER GTを代表するつもりで頑張りますので、応援よろしくお願い致します!

Tatsuya Kataoka
片岡 龍也
SUZUKA10H参戦コメント

SUZUKA10hへの出場はやはり去年のSPAを思い出させるレースだと思います。
スーパーGTとは違う顔ぶれにピレリタイヤのワンメイク。海外から参加のライバル達とどのように戦えるか今から楽しみです。

比べるのも難しいですが昨年のSPAはまさに惨敗でした。
その理由に初めてのサーキットやチームもコミュニケーションが十分とは言える状況になくとても優勝を狙えるような環境ではなく、またGT3世界一決定戦というに相応しいチームやドライバーが参加しており準備が整っていない状況で挑んだこと事態無謀であったと認識したころにはボロボロでした(笑)

そういった意味では慣れ親しんだRSファインでサーキットも鈴鹿ですから準備としてはだいぶ整っていると思います。

皆さんの期待に応えられるようなレースにしたいと思いますので応援よろしくお願いします。

Good Smile Company sponsored driver
Kamui Kobayashi
小林 可夢偉
SUZUKA10H参戦コメント

SUZUKA 10 HOURSに参戦できることを非常に嬉しく思います。
パッケージは昨年SPAを一緒に戦ったドライバー陣にGSRのメカニックチームと万全の体制ですので、悔しい結果になったSPAのリベンジの思いを込めて、谷口さん片岡さんと力を合わせて優勝を目標に頑張ります。
5月に行われたタイヤテストでは、路面コンデションが悪かった事もあってベストな走りができたとは思っていませんが、十分に走り込んで体を慣らす事ができました。テスト結果の分析もしっかりやって準備を整えていきます。
SUZUKA 10 HOURSを楽しみにしていてください。応援よろしくお願いいたします。

メンテナンス
 
RS Fine
広報
Swemy
スエミィー
国内広報
goodsmileracing
GSR公式アカウント
海外広報
 
reporter_e
アートディレクター
Shigeto Koyama
コヤマシゲト
イラストレーター
 
Tony
マシンデザイン
Yoshinori Takahashi
高橋 祥哲

MACHINE

NUMBER
カーナンバー
00
Model/Make
車両形式
Mercedes-Benz Mercedes-AMG GT3
Tires
タイヤ
Pirelli

SUZUKA 10HOURS 応援イラスト

GALLERY